セキュリティの国際標準について解説

企業などの重要な情報を守るためには、外部からの不正アクセスやコンピューターウイルス・情報漏洩などの脅威の対策をしっかりおこなうことが必須になっています。そのために情報を守るためのルールの構築やルールが機能しているか評価する仕組みが必要になります。それらを一般的に情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)と呼びます。そしてこのシステムが国際間で国際標準になっているのが、ISO27001と言われる規格になります。ISO27001のメリットは、社内のセキュリティを制度として向上させることができる点や外部の取引先からの信頼度が向上する点など挙げることができます。ISMS適合性評価制度は、企業がISO27001に準拠しているかを第三者機関が認定する仕組みになり、IT関連企業や顧客情報を取り扱っている企業などで実施されています。