バックアップ用データを保存、管理する方法

パソコンソフトで、作成したデータは本体のストレージで管理されます。HDDやSSDに保存され、大容量のストレージであれば大量の文書や資料が保存可能です。ただし、万が一の場合に備えてバックアップを作成しておきたいところです。

外付けハードディスクを使えば、大量のデータがバックアップできます。費用対効果が良く、家電量販店やネット通販サイト等、身近なお店で買えるのも特徴です。比較的データサイズが小さい場合は、フラッシュメモリーやSDカード、データ用のDVDなどのメディアも使えます。そういったメディア類は販売価格が安く、リーズナブルなコストでまとまった数を揃えやすいです。

オンラインストレージサービスを活用して、バックアップ用データを管理するのも、面白い試みとなります。